名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

癌に対する高濃度ビタミンC点滴療法
当院では他の治療が無効な進行性の癌に対するビタミンC点滴療法を行っています。
日本での認知度は徐々に広がってきていますが
まだまだ広く普及した治療とは言えません。
なぜならば公的な病院ではほとんど行われていないだけでなく、知られていないためです。
しかし今年の2月に次のような論文が発表されました。

名古屋 高濃度ビタミンC点滴癌治療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック


当院では他の治療が無効な進行性の癌に対するビタミンC点滴療法を行っています。
日本での認知度は徐々に広がってきていますが
まだ広く普及した治療とは言えません。
なぜならば公的な病院ではほとんど行われていないだけでなく、知られてもいないためです。
しかし今年の2月に次のような論文が発表されました。

アスベストによる悪性中皮腫にビタミンC点滴:東大で基礎実験
悪性中皮腫はアスベストに関連して発症し、有効な治療法がほとんどない。
東京大学大学院総合文化研究科の久保田俊一郎教授のグループは
4種類のヒト培養中皮腫細胞を用いて調べたところ、
ビタミンC濃度依存性に細胞死が誘発された。
また、中皮腫を移植したマウスにビタミンCを静注したところ、
腫瘍の成長が有意に抑制され、中皮腫の治療にビタミンCが
有効である可能性を示唆した。
この成果は近く発売するBiochemical and Bio-physical Research Communicationsに報告。

このように日本でも公的な病院しかも大学病院でビタミンC点滴の有用性が証明されれば、
さらに多くの癌患者の延命が期待できると思います。

名古屋 高濃度ビタミンC点滴癌治療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① (23:48) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :