名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

尿失禁治療レーザー「インコンチレーズ」
11月1日にインティマという腹圧性尿失禁を治療できるエルビウムヤグレーザーのモニター治療をしました。
インティマを製造しているFotona社は1964年創業の50年の歴史を持つレーザーメーカーです。
このエルビウムヤグレーザーを腹圧性尿失禁の治療に用いる場合を「インコンチレーズ」
膣弛緩症候群の治療に用いる場合は「インティマレーズ」という治療名になります。

インコンチネンスとは失禁のことで、尿失禁をレーザーで治すという意味で「インコンチレーズ」と名付けたようです。

この治療は麻酔なしでもできるのですが尿道に近い部分の膣は少し痛みを感じるので
外陰部と膣の入り口に麻酔クリームを20分塗ってから治療をします。

実際の治療は下記の動画をご覧下さい。

尿道口面の膣壁に直径7mmの円形にフラクショナルレーザーを照射します。

下記写真は90度方向に照射するプローブ。

さらにプローブを変えて膣全周に同様に照射します。
最後の尿道周囲にも同様に照射します。
この間約10分です。
非常に簡単な手技で、患者の負担もごく軽度です。

この治療は
海外では開始から3年がたち、10000例の成功例が蓄積されています。

今回、2例に行ったモニターの方も痛みはほとんどなく、苦痛はなかったようです。

通常1ヶ月ごとに2〜3回行うのですが、
1回でもある程度の効果が出るので
1ヶ月後が楽しみです。

業者の方からは2回目のデモの約束もしていただけたので
場合によっては再度デモを行う予定です。

2回目のデモが決まれば、このブログで再度無料モニターを募集しますので
お問い合わせください。


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① (23:08) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :