名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

CO2タイトニングモニター Y・Tさん
腹圧性尿失禁に対しフラクショナルCO2レーザーで治療したモニター患者さんの感想です。

〈以下原文そのまま〉

まず、結果から・・・ 現在は以前と比べると、少し改善されたかな?という印象です。 ただ、シートはやはり手放せませんし 日によって以前と変わらない日と効果がある日とまちまちです。

以下、経過の詳細です。

<施術前~直後>
痛みはほとんどなく、当日は先生や看護師さんがとても温かく接してくださったので安心して治療できました。女性にとって気持ち的にデリケートな治療なので、温かな接し方はとてもありがたかったです。
例えば、室温が暖かな施術室、「私も施術をしたんですよ、安心 してくださいね」という看護師さんの声掛け、椅子の角度→経験した看護師さんの意見で椅子は立てるよりも寝た状態にしていただき、楽でした。
先生も「入口は少しピリッとします。」「あともう一回で終わりますよ」など経過を教えてくださるので、安心して施術できました。
施術中の傷みも痛みもほとんどなく(出口辺りは少々ピリッとする程度。あとは無痛でした)
施術後も、1時間ほど膣の出口辺り?がヒリヒリしましたが、帰宅する頃には、何事も無かったように元通りでした。出血なし。
排尿時の痛み無し。

<施術後~10日>
3日後辺りから、効果が出始めてきました
そこから1週間くらいは順調な経過で嬉しくなりました。
痛みや出血なし。

<施術10日後~>
施術から10日過ぎた頃から日によって大丈夫な時と、そうでない時が出てきました。
一か月経った後、施術前より少し我慢できるようになったかな?とは思いますが、
シートは手放せません。
自分が思っているよりも症状が重いのかもしれません(涙

Vタイトニングと違ってフラクショナル(点状に)照射するので、やはり3回くらいは治療が必要なようです。


ただ今、下記キャンペーン、モニター募集中です。

ダウンタイムのないフェイスリフト「スマイルリフト」
 


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① (11:58) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :