名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

2015年大晦日
 今年も残すところあと一日になりました。
佐井泌尿器科・皮フ科クリニックは26日に仕事納めとなっており、すでに年末年始の休診に入っています。ご迷惑をおかけしていますがなにとぞご容赦の程よろしくお願い申しあげます。


2015年12月27日室戸岬からの夕日

 

さて大晦日にあたり、今年一年を振り返って見たいと思います。

当院は泌尿器科と皮膚科の領域を専門とし、診療を行い
どちらの領域も最先端の医療を提供できるよう努力して参りました。

皮膚科の方は入院設備がなくても導入可能な先端医療が多くあり、積極的に取り入れてきました。
しかし泌尿器科の方の先端医療は入院が必要な手術が主になったため、なかなか導入することが難しい状況でした。それでも一昨年男性の性機能障害である勃起障害の衝撃波治療を日本でもいち早く導入できました。(公的病院を除けば当院が日本初)

そして今年は膣・尿失禁治療レーザー(インティマレーザー)を導入でき、腹圧性尿失禁を入院せずに低侵襲で治療可能になりました。さらに出産や加齢による膣のアンチエイジングにも取り組むことができ、東海三県だけでなく関西など遠方からの患者さんにも受けていただきました。
なかなか相談しにくい病状とは思いますが、専門医として安全で安心できる治療を提供していますので、お悩みの方はぜひ相談にお越し下さい。

またインティマレーザーは粘膜面への照射が可能なので、頬や眼瞼結膜に照射をしてダウンタイムのないたるみの治療ができ、従来のレーザー治療とは全く異なる新しいアンチエイジング治療になりました。

さらに従来から行っているレーザー脱毛においても高出力のレーザーで毛根を破壊するのではなく、毛包を徐々に加熱する蓄熱型の脱毛機ソプラノアイスを導入し、副作用なく、小学生でも耐えることができる痛みの少ない永久脱毛治療を開始しました。

最後に、12月になって昨年のノーベル賞を取って話題になった青色LEDを高出力に照射することでアンチエイジング治療ができる「スキンブライトニング」を日本で初めて開始しました。
まだ限られた患者さんにしか行っていなかったため、HPでは詳細を公開していませんが、モニターとなっていただいた方の治療後の評価が非常に高く、
I2PLフォト美顔とともに当院のアンチエイジング治療の定番となる予感がします。

1月からスキンブライトニングについては本格的に実施し、お得なキャンペーンも予定しますのでご期待下さい。

今年一年を振り返り、大過なく診療が行え、微力ながら地域医療に貢献できたことはひとえに当院を選んでいただいて通院していただいた皆様方のおかげと思っています。
来年もこれまで以上に努力していこうと思っていますのでよろしくお願い致します。

2016年が皆様にとって良い年であられますように
 
佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
院長 佐井雄一



■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① (09:59) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :