名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

 

さて本年は女性泌尿器科の分野で

現在行っているインティマレーザーによる尿失禁レーザー治療「Uタイトニング」に加え、より深部まで治療できる超音波による尿失禁・膣縮小治療「ヴィーナスハイフ(V-HIFU)」を導入します。

 

これはすでにこのブログでも紹介したことのあるウルトラヴェラです。

 

ウルトラヴェラによるヴィーナスハイフはHIFU(ハイフ)という原理の超音波治療でレーザーよりも深い部分に作用して膣壁を厚くさせ、引き締めます。これにより尿道の過可動性をなくし尿失禁が改善したり、また膣内腔が狭くなることで骨盤臓器脱を改善します。

ハイフとは高密度焦点式超音波治療法の略で、超音波を一点に集束させ組織に熱損傷を与える治療で前立腺がん治療にも用いられています。

 

ハイフの治療原理はレーザーよりもさらに深い層、筋層までアプローチできるため、尿失禁や骨盤臓器脱が重症の場合はレーザー治療よりも少ない回数で治療が可能になり、手術まで踏み切れない方への選択肢のひとつとして画期的な治療法と言えます。

 

 

アプリケータを変えることで3種のの深さに超音波を照射可能で、各層の点状に加熱されたコラーゲンが縮むことで、即時的な引き締め効果を感じます。

 

続いて、約2~6ヶ月にわたり熱で縮んだコラーゲンを治そうとする働きが起こり、新しいコラーゲンが生み出されます。これによりコラーゲンがどんどん増えていくことで皮膚に弾力が生まれ、膣のたるみが改善します。その結果、尿失禁や骨盤臓器脱も改善します。

 

重症の尿失禁や骨盤臓器脱の方はU-HIFUの方が効果が高いので、ご希望の方はご相談下さい。ただし膣粘膜には作用しませんので膣萎縮による諸症状には効果がありませんので、Vタイトニングを組み合わせる必要があります。

 

診察時にはお悩みの症状に合わせ、より最適な治療をご提案できますので、尿失禁や骨盤臓器脱、膣のゆるみにお悩みの方はぜひご相談下さい。

 

名古屋 女性泌尿器科 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① (23:24) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :