名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

バイアグラのジェネリック「シルデナフィルOD錠50mg」処方開始
すでにこのブログでも発売開始を紹介したバイアグラのジェネリック(後発品)、シルデナフィルOD錠50mgの取り扱いを佐井泌尿器科・皮フ科クリニックで開始しました。

ジェネリック医薬品のメリットは薬剤費が20%ほど安くなることです。

シルデナフィルOD錠50mg

 

OD錠とは口腔内崩壊錠で、
簡単に言えば口の中で唾液により溶けるため、水なしで飲めるのが特徴です。
性交渉の1時間前に飲めば、1時間で効果が出始め
4時間効果が持続します。

味はコーヒー風味とレモン風味がありますが
まずはコーヒー風味を選択しました。

導入にあたって期間限定お試しキャンペーンをします。


通常、1錠 税抜 1,200円のところ

900円で

お試しいただけます。
2014年6月末日までの期間限定です。

ちなみに当院の他のED治療薬は
バイアグラ50mg 1,500円
レビトラ10mg 1,500円
シアリス10mg 2,000円  いずれも税抜価格


なお別途、初診料3,000円税抜または再診料1,000円税抜が必要になります。

名古屋 ED 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「週刊現代」に、ED1000について取材されました。
 来週発売の「週刊現代」でED1000が取り上げられます。

研究用途以外では
日本で初めて当院が導入したこともあり取材されました。

ED1000は当院の治療実績が口コミで拡がったことや、
インターネットを介した情報開示で徐々に知名度を上げています。

ただ、まだまだED1000を知らない方も多く
今回の全国紙の記事でED1000により
勃起障害が治せる病気だと言うことを啓発できれば、
EDでお悩みの多くの方に多大な恩恵をもたらすと思います。

ご興味のある方は是非来週月曜日発行の「週刊現代」をご覧下さい。

名古屋 ED 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
消費税率変更
 平成26年4月1日から消費税率が変更されました。
本ブログ内に記載しています商品の価格などの情報は、
ブログ掲載時点での情報となります。
現時点とは価格等と異なりますので
あらかじめ御了承下さいます様お願い申し上げます。
 
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
単純ヘルペスに対する治験
 当院ではただいま単純ヘルペスに対する治験を行っています。
参加していただいた方は治療費が無料になるだけではなく
1日ごとに交通費も支払われます。
ご興味のある方は診察時にご相談ください。

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
花粉症の新薬
花粉症の治療法は抗ヒスタミン薬などの内服薬、点鼻薬、点眼薬などの薬剤で症状を抑える対症療法が主となっています。
アレルゲンである花粉の抽出液を注射して花粉抗原に対して防御する免疫を獲得させる減感作療法もありますが、痛みを伴い治療にも時間がかかるものでした。

今年に入って我が国では初となるスギ花粉の舌下免疫療法薬が1月17日に厚生労働省から承認されました。

花粉症患者にはうれしいニュースです。

治療は花粉の成分を元にした薬液を舌の裏側に垂らして約2分間待ち、そのままのみ込むというものです。
口に含んで粘膜から取り込むことで体を慣らし、異常な免疫反応を引き起こしている体質を改善します。

1日1回服用すればよく、臨床試験では1年半続けて、症状抑制の効果が確認されたといいます。

これまでの注射と同じ減感作療法の一種になるのですが注射するために定期的に通院する必要がなく、もちろん痛みもありません。

時間はかかりますが患者さんにとってはより負担の少ない治療法と言えるでしょう。

今シーズンには間に合いませんが、重症の方は試してみる価値のある治療です。
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)