名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

14th APSSM(第14回アジアパシフィック性機能学会総会)
 5月31日から6月2日まで金沢で第14回アジアパシフィック性機能学会総会が開かれ参加してきました。
目的はED1000の最新情報の収集です。
折しも金沢は百万石まつりの真っ最中でした。


ED1000についての発表は
メディスペック社が共催したED1000のモーニングセミナーと
順天堂大学と広島大学が2件のポスターでの発表しました。

モーニングセミナーではED1000の海外での治療成績と
その後行われたランダム化比較試験(RCT)の結果が発表されました。

ランダム化比較試験(RCT)とは治験及び臨床試験等において、データの偏り(バイアス)を軽減するため、被験者を無作為(ランダム)に処置群(治験薬群)と比較対照群(治療薬群、プラセボ群など)に割り付けて実施し、評価を行う試験です。
評価したい薬物または治療法が最も適正に評価される方法として、現在最もよく採用される試験方法であり、現在、医療現場で使用されている薬剤のほとんどはRCTでその有効性が証明されたものです 。

この
ランダム化比較試験の結果、ED1000によるED治療はは対照群と比較して有意に効果があったことが証明されました。

またED1000により改善した症例群は治療後1年間、効果が持続していました。

順天堂大学の発表では帝京大学から移った久末先生がさらに積み重ねた臨床例を65歳未満と65歳以上の2群に分け比較したところ、65歳未満の方が有効率が高かったという結果でした。
やはり何事も若いうちに治療を開始した方が良いようですね。

広島大学は前立腺全摘術などの骨盤内手術を行ったEDと手術を行っていないEDをED1000で治療し、
骨盤内手術を行った群では無効だったのに対し
手術を行っていない群では有効であったという発表でした。
骨盤内手術を行った例は神経性EDであるので、ED1000で血管再生をしても効果を期待できないということです。

65歳未満の方でバイアグラなどのPDE5阻害剤の効果が減弱してきた方は血管性EDが進行してきた可能性があるので早めにED1000の治療をご検討下さい。

名古屋 ED1000 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
男のアンチエイジング
 5月11日名古屋泌尿器科懇話会で帝京大学泌尿器科の准教授、井手久満先生の「男のアンチエイジング」という講演を聴いてきました。

男のアンチエイジングには男性ホルモンであるテストステロンが重要というお話でした。

テストステロンが低い方はメタボになる可能性が3倍になり、心不全や心血管疾患で死亡する率が33%高くなるそうです。

テストステロンが低下する原因は
 加齢
 ストレス
 疲労
 酸化ストレス
などがあります。

これらによるテストステロンの低下を予防するには
有酸素運動や筋肉トレーニングで内臓脂肪を減らし、BMIを下げメタボを改善することです。また睡眠を充分とることも重要です。
食事療法として牡蠣などに多い亜鉛、生ニンニクではなく加熱したニンニク、高蛋白食、ワインポリフェノールのレスベラトロールが良いようです。

亜鉛、レスベラトロール、プロテインなどはサプリメントで手軽に必要量を補えると思います。

 
レスベラトロールGold
   12,000円

 

 

また過度のアルコールはテストステロンを下げますので、ほどほどにしましょう。

最後に恐ろしい話も聴きました
まだ動物実験の話ですが、男性型脱毛症(AGA)の内服薬プロペシアをラットに飲ませると陰茎海綿体の線維化が生じEDになるということです。
このため20代のAGAにはプロペシアの投与は慎重にした方が良いようです。
前立腺肥大症の治療薬アボルブも同じことがいえます。

またプロペシアによりうつ症状が出る場合もあるそうです。
安全だと思われていたプロペシアもこれからは安易に処方できなくなります。

では陰茎海綿体が線維化してEDになってしまった場合どうすればよいでしょう?

薬では治す手立てはありません。

ED1000による低強度衝撃波治療がこの線維化を改善できる可能性があります。

本邦では2005年12月14日にプロペシアが発売され7年半、
すでにかなりの方が長期に内服されていると思いますので、
最近EDを自覚し陰茎海綿体の線維化が心配な方はぜひ診察におこし下さい。

名古屋 アンチエイジング 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック






■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
日本臨床皮膚科医会総会・学術大会
4月6,7日名古屋のウエスティンナゴヤキャッスルホテルで開かれた日本臨床皮膚科医会総会・学術大会に参加してきました。
週末の春の嵐により名古屋城の満開だった桜は半分以上散っていましたが、強い雨には降られず参加できました。
この学会は皮膚科開業医が中心となった学会で、日常の診療にすぐ役立つ内容の講演が多くとても勉強になりました。
初日は診療が終わってから行ったので、夕方の講演から聴きました。

2008年ノーベル物理学賞受賞者の益川敏英先生の特別講演「現代社会と科学」です。

その後尋常性乾癬のシクロスポリンの使用法や皮膚科医が知っておきたい紫外線のケアなどのセミナーを聴きました。
懇親会では同じエリプスフレックスユーザーでデンマークの学会にも一緒に行った大阪のスキンクリニック野瀬の野瀬先生と情報交換をしたりして、楽しい時間をすごしました。

翌日はまた勉強です。
午前8時からのモーニングセミナーでいぼの大家、江川清文先生の「疣贅治療解説」を聴き、ありふれた病気のいぼですが,日頃疑問に思っていた点が目からうろこが落ちたように理解できました。
その後も日常診療に役立つ情報をたくさん吸収し,有意義な週末を過ごせました。

名古屋 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 


 
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
スポニチで取材されたED1000の記事がネットで見られます。
今年の1月から3回にわたってスポーツニッポンで取り上げられたED1000による低強度衝撃波ED治療の記事が下記からご覧になれます。

根本的な完治を目指す画期的な治療法 [ 2013年2月28日 ]
西日本で唯一!注目の最新ED治療法 [ 2013年1月23日 ]
ED患者に朗報 痛みを伴わない衝撃波治療  [ 2013年1月15日 ]

 

 

 

 

 

 

名古屋 ED再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 

 

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ED1000の効果不十分の場合どうするか?

本邦でのED1000を12回、1クール行った場合の有効率は
帝京大学の臨床試験データでは75%となっています。

 

ではこの1クールで効果の出なかった25%の方はどうすれば良いでしょうか?

この疑問に答える論文が最近発表されました。

雑誌「Sexual Medicine」に発表された論文です。

ED1000による低強度衝撃波ED治療において
1 クール目の治療により
効果が部分的にのみ改善
または
不満足な結果であった症例において、
2クール目の治療を行うことが有用であることが示唆されました。 

 その簡単な内容は

1クールの治療を行った84名の患者のうち治療に満足が得られなかった22名に2クール目の治療が行われました。
効果不十分の患者22名中、15名は重度のEDでした。

治療効果の評価は
主観的にIIEF(問診)、
客観的には血流依存性血管拡張反応検査(FMD)で行われました。

結果
1クール後効果不十分だった22名中7名(31.8%)が
IIEFで5点以上の改善を見ました。
この22名は初回のクール後は平均0.5点の増加だったのが、
2クール後は平均3.5点の増加で両者には有意差が認められました。

また客観的評価のFMDでも陰茎最大血流の著しい増加を認めました。

このように重症例ではED1000による治療を繰り返すことで
効果を実感できる方が増えることが示唆されました。

名古屋 ED 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)