名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME

| 追加メニュー |

アンチエイジングのための高濃度ビタミンC点滴
2500万年前の人類の祖先はビタミンCの合成能力があったと考えられていますが、現代の人間は体内でビタミンCをつくることはできません。その当時人類が体内で合成していたビタミンCの量は1日に2g~6gにも及ぶのですが、現代の文明社会の中で私たちが食物から摂取しているビタミンCの量はわずか100㎎です。現代社会においてストレス等いろいろな原因で活性酸素が体内に生じ老化や動脈硬化、癌などの疾病の原因となっています。わかりやすい例をあげるとタバコ1本吸うことで発生する活性酸素を打ち消すためのビタミンCの量は25㎎で、120本吸う人では500㎎が必要となります。これでは食事からの摂取量ではとても足りず、これをレモンで補給しようとするにはレモン20個分必要です。いかにタバコが身体に良くないかが分かると思います。

ただビタミンCは大量に摂取しても吸収される量は限られ、またすぐ尿として排泄されてしまうため一定の効果を上げるには限界がありました。しかし点滴で大量に入れれば有効な血中濃度を維持することが可能になり、この高い濃度がさまざまな働きをすることがわかっています。

 

具体的なビタミンCの作用は次のようなものがあります。

局所的作用(肌への作用)             全身的作用

1)活性酸素除去                 1)免疫増強

2)コラーゲン合成                2)癌の予防

3)皮脂腺の抑制(皮脂の分泌抑制)        3)動脈硬化の予防

4)毛穴の縮小                  4)糖尿病の発症予防、合併症予防

5)メラニン抑制                 5)眼(白内障、緑内障の予防)

6)創傷治癒促進                 6)貧血の改善
                         7)抗炎症作用

■ 副作用について

大きな副作用はありませんが、静脈点滴をしますので血管痛や点滴液の漏れなどが起きることがあります。

また高濃度ビタミンC点滴療法終了後の数時間は、簡易血糖測定器で測る血糖値が高値になります。これは見かけ上高いだけで、実際の血糖値はもっと低い値になります。したがって自己血糖測定をしてインシュリンの注射量を決めている糖尿病患者ではインシュリンの量に注意しなければなりません。ビタミンCを過剰に摂取すると尿管結石になりやすいことが知られています。しかし、高濃度ビタミンC点滴療法ではこのような尿管結石は起こしにくいと言われています。
G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方はこの治療を受けることができません。もしこのような病気がある場合は必ず主治医に告げてください。透析中の腎不全の方はこの治療を受けることはできません。心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状の悪化を来す恐れがあるためにこの治療ができない場合があります。

■ 料金について

健康保険の効かない保険外(自費)診療となります。

アンチエイジングの高濃度ビタミンC点滴 115,750円 月1から2

これ以外に保険外初診料3,150円、G6PD欠損症検査10,500円、血中ビタミンC濃度測定15,250円が必要になります。

点滴療法研究会 マスターズクラブ会員 佐井雄一

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック 052-847-5110