名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME

| オゾン療法 |

オゾン療法
オゾン療法は
ドイツで1957年にオゾン発生器が開発されて以来、ヨーロッパでは広く認知されてきた治療法です。最近ではすでに亡くなられましたが、2001年に100歳になられたイギリスのエリザベス女王の母君“クイーンマム”が老化予防のために定期的に受けられていたことでも話題になりました。
医療用オゾンを用い血液をオゾン化させることにより、「体内の酸素化」「免疫機能の向上」「細胞の活性化」などの効果があり、ヨーロッパで広く行われている治療法です。施術医師も1万人以上います。
アメリカではほとんど行われていないために、日本で行っている施設はまだまだ少ないのが現状です。

オゾン療法の大きな3つの作用

・体内の酸素化
・免疫機能の向上
・細胞の活性化

 
血液やリンパ液が浄化され、疲労を感じなくなり活力が回復します。また、活性酸素が除去されて、ストレス解消につながります。新陳代謝も活発になり、肉体的にも精神的にも若返りを促進します。さらに、免疫細胞を活性化させ細胞内ATP濃度を上げることによって、病気が治りやすくなり、再発の予防や老化防止にも効果があります。
ヨーロッパでは癌の術後の患者さんが免疫力を上げるためにこの治療法を行っています。

オゾンの概略と副作用について
1840年にオゾンガスをShonbeinによって発見。
ギリシャ語のOZEIN(臭う)からOZONEと命名。環境問題である大気汚染により、「オゾン=有害」のイメージがありますが、大気汚染の指標としてオゾンが使われているだけであり、オゾン=有害ではありません。
第一次世界大戦時にオゾンガスを外傷に応用。
1935年に第59回ドイツ外科学会にてErwin Payerが「外科におけるオゾンによる治療について」を発表しましたが、オゾン耐性材が無い事により発展しませんでした。また1936年医師だけでなく、医師以外のものが治療としてオゾンガスを直接血管内投与したケースで問題が多発したため、米国FDAが全面禁止とし今に至ります。

しかし、1999年まではオゾン耐性材がなかったため副作用がありましたが、2000年以降はオゾン耐性材の発展やクエン酸ナトリウムの正確な使用、オゾン濃度を徐々に上げていくなどの手法向上により副作用報告はなくなり、2000年~現在副作用報告は0件です。
ヨーロッパ諸国、特にドイツ・イタリアなどで発展している治療法です。

オゾンの適応・禁忌
・動静脈循環不全、皮膚潰瘍・皮膚病変、腸炎、感染症(細菌、ウイルス)、癌に対する補助療法、リウマチ性疾患、、間質性膀胱炎、老人病(アンチエイジング)、歯科領域に有効です。
・禁忌は、甲状腺機能亢進症とG6PD欠損症です。

血液オゾン療法
1) 100ml前後の血液を採取。
2) 一定量の医療用オゾンを血液に加えます。オゾンの量は多すぎても少なすぎてもよい結果を得られません。
投与後に代謝と免疫系を活性化するために、もっとも効果のある量のオゾンを正確に測定して投与します。
3) オゾンで活性化された血液をそのまま戻します。これだけで冷え性の方などは治療の最中から身体がポカポカ と温まるのを実感していただけます。また、指先や足先まで身体全体に酸素を行き渡らせる効果があります。

治療目的の方
癌の術後やウイルス性の疾患(肝炎など)の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。
アンチエイジングが目的の方
より健康を持続させたり、老化予防が目的の方は月に1~2度の治療を続けることで効果が維持できます。

点滴療法研究会より転記,一部改変


 
 
血液オゾン療法  1回100ml 20,000円(税別)


治療目的の方
癌の術後やウイルス性の疾患(肝炎など)の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。

アンチエイジングが目的の方
より健康の持続や老化予防が目的の方は月に1~2度の治療を続けることで効果が維持できます。

 


オゾン療法マスタートレーニングコース受講証