名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>皮膚科

マダニ咬傷

マダニ咬傷
マダニはイエダニと違って都会ではあまり見られないですが、
信州などの山野に旅行した場合に発生します。
噛まれた時は痛みがないので気づかないのですが、
数日後痛みと腫れが出現し、その部分を見ると
皮膚から1mm大の何かが飛び出していて、 その周囲が腫れていることに気づき来院します。
その突起物を先の細いピンセットで引っ張り出し
顕微鏡で見ると写真のような虫を認めます。
左が背中、右が腹側です。

この時マダニの頭があるかを確認します。
頭がない場合は皮膚の中に残っているので
局所麻酔をして刺された傷口を大きめに切除する必要があります。