名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>がん治療

| がん治療 |

高濃度ビタミンC点滴を開始する前にG6PD欠損症の検査を!
25g以上の高濃度ビタミンC点滴療法を行う場合、
赤血球膜のグルコース-6-リン酸脱水素酵素が低下するG6PD異常症の患者では、
重症溶血発作を起こすことがあるので行うことができません。
このため高濃度ビタミンC点滴療法を実施する時は必ずG6PD活性を測定する必要があります。

高濃度ビタミンC点滴療法の開始する前に
採血してG6PD活性検査をします。
結果が出て問題なければ、点滴療法の予約をお取りします。

G6PD活性検査 10,000円(税抜)
※ 初回のみ保険外の初診料3,000円(税抜)が必要です。

点滴療法研究会 マスターズクラブ会員 佐井雄一
佐井泌尿器科・皮フ科クリニック 052-847-5110