名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>がん治療

| がん治療 |

α リポ酸点滴療法によるがん治療
α リポ酸はつよい抗酸化作用をもった体内物質で、重金属排泄、脂肪燃焼、美肌効果を示すばかりでなく、癌、糖尿病、慢性肝炎などの酸化ストレスを防御しま す。とくに癌細胞の細胞死アポトーシスを誘発することで、また免疫系の機能回復を促すことで抗がん効果をあらわします。

単独治療法

α リポ酸点滴療法によるがん治療は、定期的に短期間の集中投与を繰返する方法と週1~2回を継続的に投与する方法があります。
初回100mg、以後100mgずつ増量して300mgが維持量になります。
治療法(1)
1日1回~2回(朝・夕)5日間連続で1~2週間(5~10日間)投与する。
その後は週2回投与で継続する。
治療法(2)
 1日1回~2回(朝・夕)5日間連続で2週間(10日間)投与する。
その後2~3ヶ月休薬と上記10日間投与を繰り返す。
遠方のために週2回の通院が難しい場合に行います。
 
料金(税抜) 100mg 5,000円,  200mg 10,000円, 300mg 15,000円

点滴中の注意
α リポ酸点滴では低血糖を誘発する可能性がまれにあるため、食後に行うか点滴中に飴などをなめて糖分の補給をします。α リポ酸の投与によりビタミンB群が消費されるので、ビタミンB群の経口が必要です。

※ 低用量ナルトレキサンとの併用
1日1回就寝前にナルトレキサン4.5mgを内服します。
 
※ 高濃度ビタミンC点滴療法との併用
高濃度ビタミンC点滴に引き続いて、α リポ酸点滴を行います。
可能であれば午前中に高濃度ビタミンC点滴療法を行い、昼食後にα リポ酸点滴療法を行います。これは両療法が低血糖を誘発する可能性があるためで、ランチを挟むことにより低血糖の誘発を予防できます。

点滴療法研究会 マスターズクラブ会員 佐井雄一
佐井泌尿器科・皮フ科クリニック 052-847-5110