名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>がん治療

| がん治療 |

がん治療について
外科的切除―癌の患部を直接切除する手術 治療に苦痛を伴う。
外科的に完全に切除できない癌も多く、再発・転移の危険性もある。
手術することで癌細胞をまき散らすことがある。
子供や高齢者では手術に耐えられない場合がある。
臓器を失うことによる肉体的、精神的ダメージが大きい。
100%安全な手術はなく、ミスを伴う危険がある。
 
放射線治療―癌細胞そのものに放射線を当て、直接癌細胞を死滅させる。
適用できない癌も多い。
正常な細胞にも大きなダメージがあるため、強い副作用で苦しむ。
治療を行う医師の技術にかなり左右される。

がん化学療法―抗癌剤の投与で癌細胞の活動を抑える。
正常細胞も殺してしまうことが多い。
期待するほど効果が出ないこともあり、逆に副作用で寿命を縮める場合もある。

上記のように、従来の治療だけでは精神的にも肉体的にもかなりの苦痛を伴い改善しても食事や生活の制限など多くのデメリットがあるのも否定できません。そ こで、副作用が少なく身体に負担が少ない治療法として脚光を浴びているのが代替療法です。 現在、当クリニックでは以下の治療法により、従来の治療の欠点を補完することで格段の優れた効果を上げつつあります。手術後の再発予防や有効な抗がん剤や 放射線治療がある場合には併用することで治癒率がアップし、また治療期間の短縮も期待できます。