名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>その他の治療

| 巻き爪治療 |

超弾性合金マチワイヤーによる巻爪治療

陥入爪は爪の角がトゲのように軟部組織(肉)に刺さって炎症を起こした状態を呼びます。
巻き爪は爪が横方向に巻いている状態を呼びます。
陥入爪の人は巻き爪になっている事が多く、爪の角を切ると一時的に痛みはなくなりますが、
爪が伸びたときに、さらに巻き込み、より重症な陥入爪になります。
日常生活では先の狭い足の形に合っていない靴や弾力性の強いストッキングなどでさらに悪化します。
こうした例では一般的に手術で爪の幅を狭くする治療を行いますが、
当院ではマチワイヤー、サリチル酸、コットンパッキングを用いた爪矯正で
元の幅のまま治すことができます。
手術のように治療後に痛みを伴うこともありません。

症例写真
かなり重症例ですが、4ヶ月間マチワイヤー(1回交換)を挿入して写真のように改善しました。
 
まだ少し巻いていますので3回目のワイヤーを装着しました。

ワイヤーを装着した状態。

この様に装着直後から少し爪が開いています。
すぐくい込みもなくなるので、痛みも緩和します。


※ 巻爪治療で超弾性マチワイヤーをご希望の方は爪を3mmぐらい伸ばしておいで下さい。


初診時

初診料 3,000円(税抜)
処置料(1趾、ワイヤー代込み) 3,000円(税抜)


再診時

再診料 1,000円(税抜)
処置料(1趾、ワイヤー代込み) 3,000円(税抜)