名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>ED治療

EDの原因

ED治療

EDの現状

1998年に日本で初めて行われた疫学調査では40歳代の約20%、50歳代の約40%、60歳代の約60%の男性が何らかの原因でED(完全型・中等度以上)になっているという結果でした。

つまりEDはごくありふれた誰でもかかり得る、治療可能な病気なのです。
 

 

なぜ、EDの病状に陥るのか?(EDの原因) 

◎ 生活習慣病によるもの

糖尿病・高血圧症・心臓病・高脂血症などで陰茎(ペニス)の血管が障害をうけ十分な血液が流入しないため

◎ 前立腺の手術や脊髄の神経のけがなどによるもの

中枢神経と陰茎の神経のつながりが断たれるため

◎ 薬剤性によるもの

一部の降圧薬やうつ病治療薬などの副作用

◎ 喫煙・飲酒・ストレスによるもの
◎ 男性ホルモン低下よるもの
LOH症候群
 心因性

EDについての打開策、治療法

原因が悪い生活習慣による場合が多いので、ストレスを軽減させるため心身をリラックスさせる方法を学びましょう。運動、ダンスなどあなたに適していれば、どんな方法かまいません。

さらに食生活にも気をくばる必要があり、アルコールも量がすぎないようにしましょう。またたばこをお吸いでしたら、やめましょう。

EDの治療は従来は真空装置を使ったり陰茎に薬剤を注射したり、外科的に植え込み手術をするなどの方法でした。現在は勃起の反応を高める経口薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスが第一選択となっています。
 

EDについてのQ&A

Q1.EDは特殊な病気なのでしょうか?

A1.EDは特殊な病気ではありません。年令を重ねるほどEDになる人は増えます。ただ加齢が原因だけではなく、不規則でアンバランスな食事や、運動不足、喫煙、お酒の飲み過ぎ、休養不足など悪い生活習慣のためEDになることがあります。

Q2.性の問題について相談するのは恥ずかしいのですが?

A2.医師は、EDを医学的見地から病気としてとらえています。病気ですので恥ずかしがらずに、どうぞご相談下さい。

Q3.診察時にはどんな検査を受けますか?

A3.EDの原因についての質問やED問診票による勃起の状態のチェック、さらにこれまでの病歴やいつも飲んでいる薬についてお聞きします。

必要な場合は血液検査や心電図検査を行う場合があります。

Q4.EDについて、どこに相談すればいいですか?

A4.EDは治療できる病気です。恥ずかしい問題でも相談しにくい問題でもありません。EDを専門とする泌尿器科医や身近なかかりつけ医に相談をするといいでしょう。

Q5.治療費はいくらぐらいかかるのでしょうか?

A5.EDに対する治療は保険がききませんので。施設によってまちまちです。

 

当院では初診料は3,150円、再診料1,050円、

薬代としてバイアグラ 50mg1,575円 、レビトラ 10mg1,575円、レビトラ 20mg2,100円、シアリス 10mg2,100円、シアリス 20mg3,150円

となっています。

また血液検査や心電図検査が必要な場合は別途、検査料がかかります。