名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>ED治療

EDとメタボ

EDとメタボリックシンドローム
糖尿病や高脂血症、高血圧など複数の生活習慣病が重なると動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の危険性が大幅に増します。
生活習慣病の背景に肥満がありますが、特に内臓脂肪の蓄積によってによってさまざまな代謝異常の起こることが明らかになり、複数の生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。
このリスクを複数抱えた状態をメタボリック症候群と呼びます。
具体的には、高血糖、高血圧、高コレステロール、高中性脂肪などです。
この対策として数年前から特定検診が始まりました。
特定検診の結果、下記に該当する方がメタボリックシンドロームと診断されます。

◎ メタボリックシンドロームの診断基準
1.ウエスト
男性85センチ以上、女性90センチ以上
2.血圧
上が130mmHg以上または下が85mmHg以上
3.血糖値
空腹時血糖値110mg以上(1dl当たり)
4.血中脂質
中性脂肪150mg以上(1dl当たり)
またはHDLコレステロール40mg未満(1dl当たり)
1に加え、2から4のうち2項目に該当する場合(治療薬を服用している場合を含む)

ではメタボリックシンドロームとEDはどういう関係があるのでしょうか?

EDは生活習慣病などの病気によって起きるもの、ストレスなどによる心理的な原因で起きる場合、あるいは加齢による男性ホルモンの低下によるLOH症候群(男性更年期障害)などがありますが、中高年の場合にはメタボリックシンドロームによる動脈硬化の初期症状としてEDを自覚する場合もあります。
下の図はバイエル薬品のHPから転載したものですが、各生活習慣病毎のEDの発症数です。
EDの症状スコア、IIEFスコアが低いほどEDの症状が高度ということになります。

高血圧症、高脂血症、糖尿病、心臓疾患でEDの有病者数が有意に高いことが分かります。

「EDかな?」と感じたら、その裏にはメタボリックシンドロームといったことも考えらますので、医療機関の受診をお勧めします。
またEDの症状がない場合でも特定検診でメタボリックシンドロームと診断された場合、
いずれEDとなる可能性があるため積極的にメタボリックシンドロームを解消する必要があります。

EDのセルフチェックはこちら!

当院のメタボリックシンドロームの解消法はこちら!