名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

ED1000の効果不十分の場合どうするか?

本邦でのED1000を12回、1クール行った場合の有効率は
帝京大学の臨床試験データでは75%となっています。

 

ではこの1クールで効果の出なかった25%の方はどうすれば良いでしょうか?

この疑問に答える論文が最近発表されました。

雑誌「Sexual Medicine」に発表された論文です。

ED1000による低強度衝撃波ED治療において
1 クール目の治療により
効果が部分的にのみ改善
または
不満足な結果であった症例において、
2クール目の治療を行うことが有用であることが示唆されました。 

 その簡単な内容は

1クールの治療を行った84名の患者のうち治療に満足が得られなかった22名に2クール目の治療が行われました。
効果不十分の患者22名中、15名は重度のEDでした。

治療効果の評価は
主観的にIIEF(問診)、
客観的には血流依存性血管拡張反応検査(FMD)で行われました。

結果
1クール後効果不十分だった22名中7名(31.8%)が
IIEFで5点以上の改善を見ました。
この22名は初回のクール後は平均0.5点の増加だったのが、
2クール後は平均3.5点の増加で両者には有意差が認められました。

また客観的評価のFMDでも陰茎最大血流の著しい増加を認めました。

このように重症例ではED1000による治療を繰り返すことで
効果を実感できる方が増えることが示唆されました。

名古屋 ED 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① (00:19) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :