名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

【点滴療法研究会/緊急情報】放射線被爆の前にビタミンC大量内服を!
野菜や水道水の放射能汚染がニュースになっていますが
1年前の3月に防衛医大から鍵となる重要な論文がでていて
点滴療法研究会の緊急情報として得ることができました。
下記に転記します。

Yamamoto T et al: Pretreatment with Ascorbic Acid Prevents Lethal Gastro-
intestinal Syndrome in Mice Receiving a Massive Amount of Radiation.
J Radiat Res (Tokyo). 2010 Mar 25;51(2):145-56.

<要旨>12グレイ(Gy)の放射線をマウスに照射すると重症の胃腸障害を生じ、
2週間で全例が死亡します。マウスにビタミンCを体重1kgあたり150mgを
3日間服用させてから12Gyの放射線を照射すると、2週間後で60%が生存、
24日目で 45%生存し、以後死亡したマウスはいませんでした。放射線を照射
した後にビタミンCを服用させても効果はありませんでした。

<解説> 150mg/kgは体重63kgの人なら10gのビタミンCに相当します。
マウスはビタミンCを体内で1日10g合成しますが、人間はビタミンCを
体内で作ることができないので、体重63kgの人な ら20gのビタミンCが
必要だと考えます。

放射能を浴びる前に事前にビタミンCの大量服用をするのが効果的です。
リポ・スフェリックビタミンCで1日4~6包(分2~3)を服用します。
通常のビタミンCで1日20g(分4~6)の服用をめざします。
最初1回 1gで1日6回、その後は0.5gずつ増量、消化器症状がでたら少し
ずつ減らして維持量とします。通常は10gで下痢や胃のむかつきがでます。
慣れたら再び増量を開始します。

サプリメントとして、アルファリポ酸、ビタミンE,亜鉛、コエンザイムQ10
も一 緒に服用してください。
 
 
名古屋 アンチエイジング 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
【点滴療法研究会/緊急情報】放射線障害に対する治療法(2)
点滴療法研究会から推奨された放射線障害に対する治療法を紹介します。

当会のボードメンバーである
バークソン先生、ハニハイキ先生、レヴィ先生、そしてデンマークのHancke先生からの
アドバイスを元に作成されました。

今回のような過剰の環境放射線を浴びた時や、
またそのような環境に長期に滞在している場合に

妊娠希望女性が将来異常妊娠にならないため
ならびに
小児が癌にならないための
予防処方です。
なお、下記は成人の量ですので小児は量を調整します。

なお、甲状腺へ放射能の吸収抑制するヨード摂取(ヨウ化カリウム)は必須となります。

(1)    アルファリポ酸 経口300-600mg/日 点滴600mg 週2〜3回
(2)    ビタミンC   経口リポ・スフェリックビタミンC 2-6包/日
        通常のビタミンCサプリ 6-10g/日
        点滴 ビタミンC25g
(3)    その他 セレン (4-800μg/日), 亜鉛 (30-60 mg/日), ビタミンB3(500mg/日)、
    さらにミトコンドリアの傷害を防ぐコエンザイムQ10 (100-200 mg/日) 、
    L-カルニチン (1000mg/日)の服用

名古屋 アンチエイジング 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
緊急情報 放射線障害に対する治療法
地震と津波の被害を受けた方々に、
心からのお見舞いを申し上げます。

点滴療法研究会からの転載です。

本日、ニューメキシコ統合医療センターのバートン M. バークソン 先生より
放射線被爆の治療について緊急メッセージが入りました。


「アルファリポ酸は放射線被曝障害に対し回復作用があることが
チェルブノイリ原発事故の際にわかっています。
アルファリポ酸の経口投与は子供が癌になるのを予防し、
点滴はそれ以上の効果があります。」


 
何事もないことをお祈りいたしますが、
福島県等の該当する地域の方は
万が一のために心にとめておいてください。
 

名古屋 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新しい発毛治療モザイクB-TCES
当院では既に新しい原理で毛の成長を促す「モザイクhpレーザー」と
脂肪肝細胞由来増殖因子「AAPE」を併用したモザイクHARG療法を行っています。


今回このAAPEの代わりに植物幹細胞由来増殖因子であるB-TCESを用いた

「モザイクB-TCES」を開始します。

B-TCESはスイスの高山地域に生える植物の
胚(Embryos) と胎盤(Centas) から抽出した
幹細胞由来の増殖因子です。

皮膚の真皮層に浸透し損傷された細胞の再生を促し、
免疫力の強化と毛髪の増殖も促進してくれます。

老化した肌を改善し、皮膚組織への酸素供給及び細胞の酸素活性率を高め、
若くて潤いのある皮膚を維持するのに効果的なアンチエイジングソリューションです。

B-TCESは下記のような4種類の増殖因子があります。
BIOEMBRYOS  皮脂減少、老化防止、シワ防止に役立ち、ヒアルロン酸は皮膚に弾力を与えます
BIOSERUMS 血液循環を改善し、皮膚細胞の新陳代謝を促進し、肌のトーンを明るくする効果があります
BIOCENTAS ニキビ跡や傷跡のような損傷された皮膚を再生し、皮脂腺の炎症や毛髪再生にも有効です
BIOTHYMUSS  細胞増殖因子が毛髪と毛穴の分裂成長を促し、免疫力を高めアレルギーを改善します。

顔に対するアンチエイジングの目的では既に多くの方に受けていただいていますが
このうちBIOTHYMUSSとBIOCENTASをもちいて
発毛を目的としたモザイクB-TCESを行います。

興味のある方は事らをご覧下さい。

導入にあたって半額モニターを募集します。

詳細はこちら!

名古屋 発毛治療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
花粉症の話題 再び
花粉症の季節です、
症状を抑えるために市販の抗ヒスタミン剤を内服している方も多いと思います。
2月19日大阪で開かれたザイザルという新しい抗アレルギー剤の講演会に参加してきました。
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)