名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

血液オゾン療法体験

3月のオゾン療法マスタートレーニングコースを受講して約1ヶ月たちましたが、4月22日に当院で血液オゾン療法を体験しました。

点滴ボトルに100ml採血して、下記の機械を使って100mlのオゾンを混和します。

りあのきのうしょうがいあ

下の写真は混和した直後です。ボトル内のオゾン化された血液は鮮紅色になっていますが、チューブ内はオゾン化されていないのでやや黒っぽいです。

このオゾン化した血液を血管内に戻します。

血液オゾン療法はあらゆる病気に効果があるとセミナーで聴きました。

ではオゾンはどのように作用しているのでしょうか?

人体は酸素を利用して生きています。

酸素は重要な栄養源ですが、取り込むことより効率よく利用することが重要です。

年齢により酸素の利用効率が悪くなり、利用率の低下は局所的にも全身的にも起こります。

酸素利用率が低下すると

労作寺呼吸困難、慢性疾患、運動耐用能低下、脱力、寒冷過敏性、疲労、体温低下、全身痛 などの症状が出てきます。

酸素利用率の低下と疾患の関係についてはたくさんの文献が出ています。

 

呼吸で身体に取り込まれた酸素の90%はミトコンドリアで利用されています。 ミトコンドリアの最も重要な機能はその酸素を使って成長や生存のためのエネルギー(ATP)を作ることです。

 

酸素利用率が低下するとミトコンドリアの機能低下につながり、エネルギー産生が低下し、病気の原因になるといわれています。ひとつの細胞内には3000のミトコンドリアがあり、すべてを合わせると体重の10%を占めています。これが生命を維持するのに重要な働きをしています。ミトコンドリアは一定ではなく常に変化していて、運動後に増えることが知られています。

またミトコンドリアは甲状腺ホルモン(T3)によってコントロールされているので、甲状腺機能の低下はミトコンドリア機能低下につながります。

そしてこのミトコンドリアの機能不全がすべての病気の原因の一つになっています。

 

ではどのように病気につながるのかですが、ミトコンドリアの機能低下でエネルギーが産生されないとフリーラジカル(活性酸素)が体内で過剰に作られ、これが病気の原因になるのです。

 

オゾン療法は酸素利用率を高めることで、酸素利用率の低下が主原因である変性疾患、加齢、自己免疫疾患、癌などのあらゆる疾患の治療が可能になります。

もちろんアンチエイジングにも最適です。

 

オゾン療法には血液オゾン療法以外にも関節腔や直腸、膀胱などへの腔内注入があります。

今回は血液オゾン療法を体験しました。

採血から点滴終了まで約30分くらいで、自分の血液をオゾン化して戻すだけなので、何の副作用もありませんでした。

文献上の副作用発生率も0.006%と非常に安全な治療です。

 

1回しか行いませんでしたがその日から眠りが深くなり、点滴する前より熟睡できたような気がしました。

 

名古屋 アンチエイジング 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
Uタイトニングモニター Y・Kさん
尿もれに対しUタイトニングを2回行った経過をお示しします。

治療前尿失禁症状スコア(ICOQ-SF)を含む問診票です。

これに加えOABSS(過活動膀胱症状スコア)とパッドテストによる尿失禁量測定をしています。

下記は尿失禁症状スコア、過活動膀胱症状スコア、パッドテストの失禁量を経時的にグラフ化したものです。赤矢印はUタイトニングを行った日です。


Uタイトニングを1回行い約2ヶ月後にはの症状スコア、失禁量のすべてが改善しています。

その効果は約5ヶ月経っても持続しています。

さらに2回目の治療を行い、その1ヶ月後にはさらに改善し、失禁量は0gになりました。

10gくらいの程度の中等度の尿失禁の場合はUタイトニングは2回くらいは必要です。

後ここで注目したいのは過活動膀胱も改善している点です。
作用機序からは膀胱には働いていないので過活動膀胱が治るはずがないのです、改善しています。
この点はもう少し症例を重ねて検証したいと思います。

レーザー尿失禁治療「Uタイトニング」についてはこちら

名古屋 女性泌尿器科 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クールブライトアルティメットで花粉症の治療
スキンブライトニングに使用するクールブライトアルティメットが花粉症の治療に応用され、4月16日土に研修を受けました。

 

この治療は青色LEDによる光化学反応を応用しています。

耳鼻科領域では花粉などによるアレルギー性鼻炎に対してレーザー治療が行われていますが、この作用機序は熱により照射部位の蒸散とその周囲組織に蛋白熱変成が起こり、治療後2~4週間かけて粘膜の再生する過程で繊維化が起こります。このため、粘膜のアレルギー反応を惹き起こすレセプターの減少と鼻腺が減少するために鼻汁が減少し、知覚神経終末が減少するためにくしゃみが起こりにくくなり、粘膜の瘢痕収縮により鼻づまりが改善します。

この治療はビタミンB2を光感受性物質として利用します。
ビタミンB2を塗布した鼻粘膜や眼瞼結膜に青色LEDを照射し光化学反応で発生する活性酸素が組織にダメージを与えることでレーザー治療と同様の効果が得られます。

ビタミンB2ジェルを鼻腔内に塗布



青色LEDを照射



左右それぞれ10分間照射します。

レーザー治療の場合は術後10日目ごろまでかさぶた状の鼻汁が出やすくなるのが欠点ですが、青色LEDによる治療の場合は治療後のダウンタイムはほとんどありません。

またレーザーの場合はアレルギー性結膜炎を治療できませんが、青色LEDの場合は眼瞼結膜の治療も可能となっています。

ビタミンB2の点眼薬を点眼して、アルミ製のカバーで瞳孔を保護して照射します。
照射時間は両眼で5分です。



照射によりビタミンB2から蛍光を発しています。

目頭と目尻の部分が白く光っています。

治療効果は2日後から実感できるようになり、数ヶ月持続します。

この日は院長の私とスタッフの一人が体験しました。
他のスタッフでも検証して、良い結果が出れば治療メニューに加えようと思います。

名古屋 アンチエイジング 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
第二世代ED衝撃波治療機「Renova(レノーバ」
衝撃波によるED治療の最新治療機「レノーバ」が登場しました。
レノーバはED1000と同様、低出力の衝撃波を陰茎海綿体に照射することで血管の再生を促し勃起障害を改善します。

 

この機械の特徴はED1000が点で衝撃波を照射するのに対し
レノーバは衝撃波を線状に照射しするので、
治療部位が広範囲でほぼ陰茎海綿体全体を治療できることです。

このため短時間でかつ少ない回数で治療できるため、ED1000よりも短い期間で効果を実感できます。

治療スケジュールは決められた4ヶ所に線状に衝撃波を照射する治療を週1回行い、合計4回が1クールです。最終治療1ヶ月後に効果を実感できます。
海外および国内で行われた臨床試験ではED1000の12回治療とほぼ同等の結果でした。


2016年1月から当院でこの機械を試用しED1000との比較データを取ることになりました。

治療費はモニター料金で1クール 4回 20万円(税別)です。
導入した場合の正規料金は1クール 4回 28万円(税別)の予定です。
ED1000の1クール12回の料金36万円(税別)に比べ、かなりお得になっています。
2月上旬までの期間限定で、先着順になります。
予約枠に限りがありますので、ご希望の方は1月4日以降に当院 052−847-5110に電話をして予約をお取り下さい。

なおモニターの条件は
初回治療時に治療費に加え、預かり金3万円を支払っていただき、治療前と治療1ヶ月後にIIEF(問診票)と夜間の勃起サイズの測定が必須となっています。
預かり金の3万円は1ヶ月後にお返し致します。
治療後の評価をしていただけず、最終治療から2ヶ月経過して来院されない場合は預かり金の返金は致しません。


名古屋 ED再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年大晦日
 今年も残すところあと一日になりました。
佐井泌尿器科・皮フ科クリニックは26日に仕事納めとなっており、すでに年末年始の休診に入っています。ご迷惑をおかけしていますがなにとぞご容赦の程よろしくお願い申しあげます。


2015年12月27日室戸岬からの夕日

 

さて大晦日にあたり、今年一年を振り返って見たいと思います。

当院は泌尿器科と皮膚科の領域を専門とし、診療を行い
どちらの領域も最先端の医療を提供できるよう努力して参りました。

皮膚科の方は入院設備がなくても導入可能な先端医療が多くあり、積極的に取り入れてきました。
しかし泌尿器科の方の先端医療は入院が必要な手術が主になったため、なかなか導入することが難しい状況でした。それでも一昨年男性の性機能障害である勃起障害の衝撃波治療を日本でもいち早く導入できました。(公的病院を除けば当院が日本初)

そして今年は膣・尿失禁治療レーザー(インティマレーザー)を導入でき、腹圧性尿失禁を入院せずに低侵襲で治療可能になりました。さらに出産や加齢による膣のアンチエイジングにも取り組むことができ、東海三県だけでなく関西など遠方からの患者さんにも受けていただきました。
なかなか相談しにくい病状とは思いますが、専門医として安全で安心できる治療を提供していますので、お悩みの方はぜひ相談にお越し下さい。

またインティマレーザーは粘膜面への照射が可能なので、頬や眼瞼結膜に照射をしてダウンタイムのないたるみの治療ができ、従来のレーザー治療とは全く異なる新しいアンチエイジング治療になりました。

さらに従来から行っているレーザー脱毛においても高出力のレーザーで毛根を破壊するのではなく、毛包を徐々に加熱する蓄熱型の脱毛機ソプラノアイスを導入し、副作用なく、小学生でも耐えることができる痛みの少ない永久脱毛治療を開始しました。

最後に、12月になって昨年のノーベル賞を取って話題になった青色LEDを高出力に照射することでアンチエイジング治療ができる「スキンブライトニング」を日本で初めて開始しました。
まだ限られた患者さんにしか行っていなかったため、HPでは詳細を公開していませんが、モニターとなっていただいた方の治療後の評価が非常に高く、
I2PLフォト美顔とともに当院のアンチエイジング治療の定番となる予感がします。

1月からスキンブライトニングについては本格的に実施し、お得なキャンペーンも予定しますのでご期待下さい。

今年一年を振り返り、大過なく診療が行え、微力ながら地域医療に貢献できたことはひとえに当院を選んでいただいて通院していただいた皆様方のおかげと思っています。
来年もこれまで以上に努力していこうと思っていますのでよろしくお願い致します。

2016年が皆様にとって良い年であられますように
 
佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
院長 佐井雄一


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)