名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

スポニチで取材されたED1000の記事がネットで見られます。
今年の1月から3回にわたってスポーツニッポンで取り上げられたED1000による低強度衝撃波ED治療の記事が下記からご覧になれます。

根本的な完治を目指す画期的な治療法 [ 2013年2月28日 ]
西日本で唯一!注目の最新ED治療法 [ 2013年1月23日 ]
ED患者に朗報 痛みを伴わない衝撃波治療  [ 2013年1月15日 ]

 

 

 

 

 

 

名古屋 ED再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 

 

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ED1000の効果不十分の場合どうするか?

本邦でのED1000を12回、1クール行った場合の有効率は
帝京大学の臨床試験データでは75%となっています。

 

ではこの1クールで効果の出なかった25%の方はどうすれば良いでしょうか?

この疑問に答える論文が最近発表されました。

雑誌「Sexual Medicine」に発表された論文です。

ED1000による低強度衝撃波ED治療において
1 クール目の治療により
効果が部分的にのみ改善
または
不満足な結果であった症例において、
2クール目の治療を行うことが有用であることが示唆されました。 

 その簡単な内容は

1クールの治療を行った84名の患者のうち治療に満足が得られなかった22名に2クール目の治療が行われました。
効果不十分の患者22名中、15名は重度のEDでした。

治療効果の評価は
主観的にIIEF(問診)、
客観的には血流依存性血管拡張反応検査(FMD)で行われました。

結果
1クール後効果不十分だった22名中7名(31.8%)が
IIEFで5点以上の改善を見ました。
この22名は初回のクール後は平均0.5点の増加だったのが、
2クール後は平均3.5点の増加で両者には有意差が認められました。

また客観的評価のFMDでも陰茎最大血流の著しい増加を認めました。

このように重症例ではED1000による治療を繰り返すことで
効果を実感できる方が増えることが示唆されました。

名古屋 ED 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
予約診療終了のお知らせ
 当院では開院以来、予約診と通常の順番待ちを併用して診察を行って参りました。
開院10年を経て、患者数の増加により診察予約が取りにくい状況になっています。

また予約があっても、混雑しているときには1時間以上の待ち時間となったり、予約できた方と順番待ちの方で大きく待ち時間に差がでて不公平感がありました。

このためすべての患者さんが公平になるように
2013年4月1日より予約診療を廃止することにしました。

これにより待っている患者さんは自分が何番目であるのか
自分の順番まで何人待っているのかを表示し
待ち時間を予測できるようにいたします。

院長が自ら行った最新美容治療体験記


ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

名古屋 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ED治療ナビで当院のED1000が取り上げられました。
ED治療の情報サイト「ED治療ナビ」の医師から学ぶED治療に
当院で行っているED1000による低強度衝撃波勃起障害治療が
取り上げられました。

 


ぜひ下記リンクからご覧下さい。

衝撃波治療は画期的治療
医師から学ぶED治療

名古屋 ED 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

 

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
幹細胞プールが枯渇すると癌が進行
「癌は治らない傷」という概念があります。
人の身体が傷つくと創傷治癒機転が働き、全身に分布している幹細胞が傷の部分で活性化し
正常な細胞に分化して傷が治ります。
癌の場合は異常な細胞が増殖するため傷が治らないので
増殖をし続け、癌が進行し拡がっていくのです。

つまり傷を治そうという働きが異常になった状態が癌と言うことです。

創傷治癒にが幹細胞が関与しています。


幹細胞には下記の3つがあります。

 1.造血幹細胞(CD133+、CD34+)

 2.血管内皮前駆細胞(EPCs)

 3.間葉系幹細胞(MSCs)


血管内皮前駆細胞(EPCs)は主に骨髄に存在し、損傷組織に集まり、パラクリン因子を分泌し、血管系の自己修復を促進し、血管新生を誘導し、循環を整える働きがあります。

十分な数の循環EPCsがないと血管の再生能力のバランスが崩れ動脈硬化が生じます。

間葉系幹細胞(MSCs)はEPCsと協力して、創傷治癒に関与しています。
傷ができると全身に貯蔵されているMSCsが傷の部分で活性化し、傷を治します。
局所のMSCsが消費されると骨髄のBSCsが動員されます。
そして骨髄のBSCsも消費され、これらの幹細胞プールが枯渇すると傷は治らなくなり、癌化するのです。


高濃度ビタミンC点滴で癌を治療していると最初のうちは癌の進行が抑えられ
患者さんの状態が良くなっていきます。
しかし患者さんによっては途中から高濃度ビタミンC点滴の効果が出なくなり
癌が進行し始めるというケースを経験します。

これは癌を治すのに幹細胞が動員され、幹細胞プールが枯渇したため
再び癌細胞が増殖し始めたからです。

このため高濃度ビタミンC点滴で癌治療中は幹細胞プールを枯渇させないために
ステムCニュートリションで幹細胞を増やす必要があります。

ステムCニュートリション

120カプセル 13.650円
通販可能です。
ご希望の方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮膚科クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)