名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>女性泌尿器科

女性泌尿器科

女性泌尿器科
泌尿器科は女性にとって特に受診しづらい診療科ではないでしょうか? しかしながら排尿関連のお悩みは女性にとって、特別なものではありません。 名古屋市天白区の佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの女性泌尿器科では皆様のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上を目指しております。 尿漏れ、頻尿、尿失禁等お一人で悩まれずにお気軽にご相談ください。
女性泌尿器科の主な症状
尿失禁(尿漏れ)
切迫性尿失禁 腹圧性尿失禁
頻尿、残尿感、尿意切迫感
排尿困難

膀胱炎、腎盂腎炎
過活動膀胱
膀胱瘤(骨盤臓器脱)

加齢による膣萎縮症
出産・加齢などによる膣の緩み

そのほか健康診断で
尿潜血陽性
尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある
などの診療も行っております。
過活動膀胱について

過活動膀胱とは?


過活動膀胱は様々な原因で膀胱が過敏な状態になる病気です。
急にオシッコに行きたくなっても我慢できない(尿意切迫感)、トイレに行く回数が増える(頻尿)、オシッコを漏らす(尿失禁)が3大症状です。
またこれらの症状のほかに、尿が出にくい場合は、前立腺肥大症などの病気が合併している場合があります。 

治療について

過活動膀胱は「薬による治療」と「骨盤底筋体操」が効果的です。

1.薬による治療
抗コリン薬という薬が効果的です。
抗コリン薬は膀胱が勝手に収縮するのを抑える薬です。
副作用としては口が渇いたり、便秘をしたりすることがあります。
また尿がでにくくなることもあります。

2.お薬の服用について

・お薬は先生の指示通りに服用しましょう。
・症状がなくなっても、自己判断で服用を止めないで下さい。
・他の医療機関で処方されているお薬や市販薬を服薬している場合は、先生に伝えてください。

3.骨盤底筋体操について
女性の尿もれは、骨盤底筋の緩みが原因の一つとなっている場合が多いため、
骨盤底筋体操が効果的です。 
骨盤底筋は膀胱や子宮、直腸など骨盤内の臓器を下から支え、尿道や膣、肛門を開閉する筋肉です。
女性では出産や加齢により骨盤底筋が緩みやすいため、
尿道を締める力が弱まり、尿もれの原因となることがあります。 

骨盤底筋は収縮や弛緩を自分でコントロールできる筋肉ですから、
緩んだ骨盤底筋を訓練によって鍛えることができます。 

骨盤底筋体操は緩んだ骨盤底筋の収縮力を回復し、尿もれを防ぐトレーニングです。 
特に「腹圧性尿失禁」や「切迫性尿失禁」の方にお勧めします。 

腹圧性尿失禁
腹圧性尿失禁は女性に多く、加齢や出産により骨盤底筋(尿道括約筋を含む)が緩むことでくしゃみや咳などで尿が漏れてしまう病気です。

治療法
軽度や中等度の場合
骨盤底筋体操
ウロマスター
重症の場合
手術療法(TVTまたはTOT手術)

現在腹圧性尿失禁に対しては手術療法が第一に選択され、世界的にもっとも実施されているのがTVTスリング手術です。TVTは前膣壁の尿道の中間部分に相当する前膣壁を小切開してここから恥骨の裏側を経由して下腹部にポリプロピレンのテープを通し尿道をしっかりと支持することで尿漏れを防ぐという手術法です。
TVT手術の欠点は術中に膀胱へ傷がついていないかを膀胱鏡で確認する作業が必要であること、テープ引き上げの調節が微妙なため、最近はTOT手術が試みられています。
TOT手術は骨盤臓器脱のメッシュ手術と同様に、閉鎖孔に尿道をささえるテープを通しますので内視鏡操作が不要で術後の排尿困難のリスクもすくない利点があります。
ただどちらも麻酔をして膣壁に切開を加えるため通常入院が必要となります。
腹圧性尿失禁の重症度の評価
パッドテスト
物理的に尿もれしやすい行動をして、もれたの量や状態を診断の参考にするテストです。
1時間パッドテスト
① 尿もれ用のパッドの重さを量ってから、下着に付けます。
② 500ccの水を飲みます。
③ 飲水15分後から階段の上り下り1階分を含め30分歩きます。
④ つづいて15分以内に次の動作を繰り返します。
椅子に座る・立ち上がる動作(10回)
強く咳き込む(10回)
走り回る(1分間)
腰をかがめ床の物を拾う動作(5回)
手を流水で洗います(1分間)
⑤ その後、排尿量とパッドの重量を測定し、もれの量によって失禁の程度を判定します。
 評価
2g~5g:軽度の尿もれ
5g~10g:中程度の尿もれ
10g~50g:高度の尿もれ
50g以上:きわめて高度な尿もれ

24時間パッドテスト
日常生活でどれくらいの尿もれがあるのか、毎回パッドを変えるたびに重さを測定、使用前後のパッドの重さを記録し、この合計で失禁の程度を判定します。 
この検査は患者さんの負担が少ないですが、動作や運動量によって差が出るため、数日行う必要があります。

Qチップテスト
砕石位で尿道からQチップ(綿棒)を挿入し、怒責時にどれほど綿棒の先が弧を描くかを視覚的に判定する検査で、尿道過可動があるかどうかを検討するものである。30度以上の変化があれば、膀胱の過可動陽性とする(下図)。
 
 
頻尿、尿漏れにウロマスター
女性の尿もれは、骨盤底筋の緩みが原因の一つとなっている場合が多いため、
骨盤底筋体操が効果的です。
骨盤底筋は膀胱や子宮、直腸など骨盤内の臓器を下から支え、尿道や膣、肛門を開閉する筋肉です。
女性では出産や加齢により骨盤底筋が緩みやすいため、尿道を締める力が弱まり、尿もれの原因となることがあります。
骨盤底筋は収縮や弛緩を自分でコントロールできる筋肉ですから、緩んだ骨盤底筋を訓練によって鍛えることができます。
骨盤底筋体操は緩んだ骨盤底筋の収縮力を回復し、尿もれを防ぐトレーニングです。
特に「腹圧性尿失禁」や「切迫性尿失禁」の方にお勧めします。

当院でも治療の一環として骨盤底筋体操をお勧めしていますが、実際には継続して行うことが困難なため効果を発揮できていないのが現状です。
そういう方には干渉低周波による頻尿・尿失禁治療器「ウロマスター」がお勧め!

ウロマスターは干渉低周波電流を用い、
電極を下腹部及び下瞥部両側に貼り付けることにより
膀胱排尿筋・骨盤底筋を刺激し、
頻尿・尿失禁の治療を行う機能的電気刺激装置です。

次のような方にオススメ

尿が近い
くしゃみで尿が漏れる
急に尿がしたくなり我慢できない

1回20分程度の治療を週2回程度行い 電気による痛みなどはありません。

保険診療の適応です。

お悩みの方は診察時にぜひご相談下さい。
膣・尿失禁治療レーザー
女性の尿もれ・お湯もれに画期的治療

インティマレーザーは 手術でもない、飲み薬でもない新しい治療です。

このようなお悩みにあてはまりませんか?

出産後の体の変化を感じる
入浴中にお湯がたまり,漏れる(お湯漏れ)
膣トレをしても効果の実感がない
くしゃみや咳で尿が漏れる(尿漏れ)
性交中の膣の密着感が低下してきた 
膣萎縮(萎縮性膣炎)に伴うかゆみ、痛み
内臓が下がる感じがする


腹圧性尿失禁レーザー治療 Uタイトニングプラス

出産・加齢による膣のゆるみに Vタイトニング


加齢による膣萎縮症に レノバレーズ


骨盤臓器脱にポップタイトニング


外陰部の黒ずみにVホワイトニング







膣の緩みの検査「膣圧測定」
膣のゆるみ度チェック

入浴中にお湯がたまり漏れる
おなかに力が入ると尿漏れがある
出産の経験がある
性交時に空気が入り、音がする 急に立ち上がると尿漏れがある
せきやくしゃみをすると尿漏れが起こる
重いものを持ち上げると漏れそうになる
膣トレをしても効果の実感がない

上記項目で一つでもチェックがあるのであれば、膣がゆるんでいる可能性があります。 このため膣のゆるみを客観的に検査するために膣圧測定をお勧めしています。
またVタイトニングやヴィーナス・ハイフなどの膣の緩み治療の効果判定にも適しています。

 

当院では上記のような膣の状態を細かく分析・測定、保存できる最新機器で膣圧を測定しています。 また、膣圧測定だけであれば看護師がおこないますので、気軽に検査をお受け下さい。

膣圧測定 1回 5,000円 (税別)

※ 膣圧測定後、Vタイトニングやヴィーナス・ハイフなどを行った場合は 膣圧測定料金を治療費からお引きします。
Vタイトニングやヴィーナス・ハイフを行う方は無料で行います。
佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
052-847-5110