名古屋の皮膚科 | 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
HOME>女性泌尿器科

女性泌尿器科

頻尿・尿失禁磁気刺激治療 HITS療法「インティマウェーブ」

 






女性は、加齢とともに体中の筋肉が緩んできます。 骨盤底筋群という膣や肛門周りの筋肉も
例外ではありません。また出産をした方は、筋肉だけでなく膣壁の緩みも生じさせます。
肥満が原因でゆるんで来る方もいます。
 

まずはあなたの悩みを確認しましょう。

尿トラブル度チェック

 
せきやくしゃみをすると尿漏れが起こる
✓ 重いものを持ち上げると漏れそうになる
✓ 急に強い尿意をもよおしやすく我慢できるか心配
✓ 急に強い尿意をもよおし漏れる
✓ おなかに力が入ると尿漏れがある
 出産の経験がある
 
 


尿失禁には、大きく分けて、3つの種類があります。

腹圧性尿失禁

膣のゆるみが原因で、咳やくしゃみなど、ちょっとした事でお腹に力がかかると、尿モレ(尿失禁)を起こします。手術で治りますが、近年着衣のまま座るだけで行える磁気刺激治療「インティマウェーブ」が人気です。

切迫性尿失禁

突然強い尿意に襲われます。膀胱が正常に動かず、勝手に収縮してしまうことが原因。
薬での治療が主でしたが、着衣のまま座るだけで行える磁気刺激治療「インティマウェーブ」で改善できます。

混合型尿失禁

「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の両方の症状が併発する場合もあります。
やはり磁気刺激治療「インティマウェーブ」により、症状が軽減できます。

デリケートゾーンのお悩みは、他の人との比較が難しいので、自分が正常なのか心配しつつも、恥ずかしいという理由で周りに相談できず、ひとりで抱え込んでしまう方も多いものです。

 

当院は泌尿器科・皮膚科専門

 


 




泌尿器と肌の老化の問題など両方の視点からお一人おひとりにあわせた治療をご提案します。またリラックスした心持ちで安心して治療を受けていただけるよう、きめ細かいケアを心がけていますので、恥ずかしがらず、怖がらず安心してご相談ください。

どんなお悩みでも真剣にお答えします。お気軽にお問合せください。
 

 

尿失禁・頻尿


改善する当院の治療法


骨盤底筋と排尿に関わる神経や血管を治療することが可能


頻尿・尿失禁磁気刺激治療 HITS療法「インティマウェーブ」

身体に負担が少なく、座るだけで簡単に治療できる磁気刺激治療「インティマウェーブ」。
磁気刺激が腸腰筋や骨盤底筋の筋力を増強させ、腹圧性尿失禁を改善します。また磁気による神経変調療法が排尿に関わる神経に働き、切迫性尿失禁や頻尿を改善します。さらに磁気刺激が、骨盤内の血液循環を改善し、虚血や充血による膀胱機能の衰えを予防します。

 

 

◎骨盤底筋を鍛える磁気刺激治療 HITS療法 「インティマウェーブ」
腹圧性尿失禁の原因である骨盤底筋を鍛えることで腹圧性尿失禁を治すことができます。

 

磁気刺激により骨盤底筋が厚くなり尿失禁が改善します。


◎過活動膀胱治療にも磁気刺激治療 HITS療法 「インティマウェーブ」
切迫性尿失禁を呈する過活動膀胱の原因には排尿に関わる神経の障害と膀胱の血流障害があります。
磁気刺激による骨盤内の神経に対する神経変調療法で、過活動膀胱を治すことができます。


◎過活動膀胱治療の血流障害に磁気刺激治療 HITS療法 「インティマウェーブ」

骨盤内の血管に対する磁気刺激が膀胱の血流障害を改善し、膀胱の異常収縮を消失させます。
サーモグラフィーで確認すると、治療後に体温が上昇しているのが分かります。



 

着衣のまま、ただ30分座るだけ


HITS療法「インティマウェーブ」はこれまで薬剤治療しか選択枝のなかった過活動膀胱を治す画期的な治療でもあります。麻酔は不要で、着衣のまま30分椅子に座り磁気刺激をうけるだけ。
治療時間も30分と短く、入院の必要もない非常に侵襲の少ない簡単な治療です。

治療は週に2回、計8回の治療が必要です。
また老化は止められませんので、治療後も定期的に行うことで良い状態を維持できます。
着衣のままただ座るだけですので、恥ずかし思いもせずに治療を受けることができます。
※ 治療効果には個人差があります。

 
◎ 入院不要!
◎ ダウンタイムなし!
◎ ただ30分座るだけ!
◎ 麻酔なし!
◎ 痛みなし!
◎ 出産を予定されている方、閉経後の方も施術ができます。

 
 
インティマウェーブは
括約筋の強化・排尿神経の正常化・膀胱血流障害の改善効果で
すべての尿失禁の治療が可能です

 
  

インティマウェーブの料金(税込)

 
1回 27,500

8回目セット 176,000

モニター料金 8回セット 132,000円 (1回あたり16,500円)
 

 
 

くしゃみや立ちあがった時の尿漏れ(腹圧性尿失禁)や

過活動膀胱による頻尿、切迫性尿失禁でお悩みの方にお勧めです。

 

すぐにでも治療が希望の方は下記から問診票を記載すれば、
電話で治療日の予約をお取りできます。

尿もれ・膣のゆるみ問診票

 

皮膚科医と泌尿器科医としてのこだわり

当院は約20年間にわたる勤務医時代に泌尿器科専門医として多数の手術を執刀し、尿失禁手術も本邦で開始当初から行っています。
長年、皮膚科医と泌尿器科医として多くの患者様の悩みに応えてまいりました。また、両方の科目の専門にしている視点から、女性の悩みに真摯に取り組んでおります。

インティマウェーブは、泌尿器科疾患を熟知していなければ、適切な効果を期待できません。
私自身、長年の手術で培った経験を元に、安全で確実な治療を提供しております。
また、重症の方や尿もれだけではなく、膣のゆるみにお悩みの方にはレーザーや超音波を用いた治療ももご提案いたしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

よくあるご質問

インティマウェーブってどんな治療ですか?

 

着衣のまま椅子に座り、外陰部、肛門周囲に磁気刺激を30分行うだけの治療です。

 

遠方なので初診時から治療したいのですが

 

電話で治療日を予約していただければ、カウンセリング後に治療を受けていただけます。
 

治療前に検査がありますか?

 

尿もれがある場合、重症度を調べるためにパッドテストを治療前に必ず行ってください。


 

何回治療が必要ですか?

 

治療は週2回、計8回必要です。重症度が高い場合は他のレーザー治療が必要になるため、 パッドテストで重症度を予め評価することで必要な治療を予測可能です。


 

治療効果はどれくらい続きますか?

 

効果の持続期間は1クール、8回の施術でおよそ1年と言われますが、老化は止められませんので、定期的に治療を行うことで良い状態を維持することができます。
 

生理が近いのですが、治療できますか?

 

生理中でなければ治療が可能です、治療後に生理が来ても何ら問題ありません。
 

治療後のケアは必要でしょうか?

 

特に治療後のケアはありませんが、骨盤底筋体操を行うことで効果を速く実感できたり、治療効果が長く続きます。
 

治療は痛くないのでしょうか?

 

筋肉がきゅっと収縮する感じはありますが、痛みはありません。
 

Uもれと尿もれの違いはなんですか?

 

どちらも同じ症状を指します。尿もれには、大きく分けて、「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」があります。「腹圧性尿失禁」は、ちょっとしたことでお腹に力が入った時に、尿がもれてしまう現象です。
 

治療の流れ

来院について

佐井泌尿器科クリニックでは診察時のご予約制度を基本的には設けておりません。
どうぞお気軽にお越しください。初診時から治療をご希望の方はご予約を承ります。
来院の前に、診療や施術について疑問や、遠方からお越しの方でお時間のご心配等がある方はメールもしくはお電話にてご相談ください。

 

すぐにでも治療が希望の方は下記から問診票を記載すれば、
電話で治療日の予約をお取りできます。


尿もれ・膣のゆるみ問診票



カウンセリング

専門医によるカウンセリングを行います。
治療・施術・料金に関する疑問やお悩みなどお気軽にご相談ください。
安心して治療を受けていただくために、施術のメリット・デメリットをご理解・ご納得していただくまでご説明します。


治療・施術

カウンセリングでご提示した治療内容で施術を行います。
インティマウェーブは日帰りで受けていただけます。
治療後は注意事項などを詳しくご説明します。


アフターケア

術後の通院は特に必要ありませんが、治療結果を確認したい場合は
通院で経過観察も可能です。
治療後に気になる点などがございましたら、ご遠慮なくご相談ください。
責任をもってきめ細かいアフターケアを行っております。

クリニック紹介

 

当院は医療理念として患者の皆様に対し、親切で、優しく、公正な医療を行うことを心がけています。また医療行為は痛みや苦痛を伴うことも多いので、可能な限り苦痛や負担が少ない治療法を選択しています。
皮膚科、泌尿器科の分野の専門的な医療に加えエイジングケアにも力を、外面的な治療はもちろん、内面からのケアも重視し、漢方や点滴療法などにより未病を防ぐ意味での効果も期待し治療を行っています。新しい治療については積極的に学会発表などを行い、標準治療になるよう努力しています。

●佐井 雄一 院長プロフィール

1980年 3月 杏林大学医学部 卒業
1984年 3月 名古屋大学医学部大学院 医学研究科修了
1984年 4月 名古屋大学医学部 泌尿器科 助手
1984年 7月 市立四日市病院 泌尿器科 医員
1987年 4月 豊田会刈谷総合病院 泌尿器科 医長
同時期より名古屋市中村区の蔡皮膚泌尿器科で皮膚科を診療
2001年 7月 佐井泌尿器科・皮フ科クリニックを開院

医学博士

日本泌尿器科学会 指導医・専門医
日本排尿機能学会 会員
日本女性骨盤底医学会 会員
日本性機能学会 会員

日本東洋医学会 専門医
日本皮膚科学会 会員
日本美容皮膚科学会 会員
日本美容外科学会 会員
日本ACR研究会 会員
日本胎盤療法研究会 会員
 

アクセス

住所
〒468-0011
愛知県名古屋市天白区平針二丁目1906番地
KMビル2F
名古屋市市営地下鉄鶴舞腺平針駅1番出口
徒歩1分

電話番号 052-847-5110

診療時間
平日 09:00~12:00 / 16:00~19:00
土曜 09:00~12:30

休診日 水・日・祝日

お車の場合:駐車場7台あり
電車の場合:地下鉄鶴舞駅平針駅1番出口
      徒歩1分

お問い合わせフォーム

佐井泌尿器科クリニックでは診察時のご予約制度を設けておりません。ご希望の方はご予約を承ります。どうぞお気軽にお越しください。遠方からお越しの方でお時間のご心配等がある方はメールもしくはお電話にてご相談ください。折り返しご連絡させていただきます。

 

Uモレの磁気刺激治療「インティマウェーブ」

 
Uモレは命に関わる症状ではないので軽視されたあり、諦めのため。放置していることが多いです。しかし日常生活をおくる上で生活の質に大きく影響する症状です。アンケートでは健康な方でもUモレを経験した人の割合は10〜46%と報告されていて、老若男女、多くの方の悩みの原因になっています。年齢のせいなのでしかたがない、受診するのが恥ずかしい、治療法はないのではと言ったことで、パッドだけに頼っている方も多いかと思います。
Uモレは治せる病気です。
当院では軽症から重症まで、症状に合わせた最適な、身体に負担の少ない治療法をそろえています。

インティマウェーブについてはこちら

 
ぜひ、ご相談下さい。
女性泌尿器科
泌尿器科は女性にとって特に受診しづらい診療科ではないでしょうか? しかしながら排尿関連のお悩みは女性にとって、特別なものではありません。 名古屋市天白区の佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの女性泌尿器科では皆様のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上を目指しております。 尿漏れ、頻尿、尿失禁等お一人で悩まれずにお気軽にご相談ください。
女性泌尿器科の主な症状
尿失禁(尿漏れ)
切迫性尿失禁 腹圧性尿失禁
頻尿、残尿感、尿意切迫感
排尿困難

膀胱炎、腎盂腎炎
過活動膀胱
膀胱瘤(骨盤臓器脱)

加齢による膣萎縮症
出産・加齢などによる膣の緩み

そのほか健康診断で
尿潜血陽性
尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある
などの診療も行っております。
過活動膀胱について

過活動膀胱とは?


過活動膀胱は様々な原因で膀胱が過敏な状態になる病気です。
急にオシッコに行きたくなっても我慢できない(尿意切迫感)、トイレに行く回数が増える(頻尿)、オシッコを漏らす(尿失禁)が3大症状です。
またこれらの症状のほかに、尿が出にくい場合は、前立腺肥大症などの病気が合併している場合があります。 

治療について

過活動膀胱は「薬による治療」と「骨盤底筋体操」が効果的です。

1.薬による治療
抗コリン薬という薬が効果的です。
抗コリン薬は膀胱が勝手に収縮するのを抑える薬です。
副作用としては口が渇いたり、便秘をしたりすることがあります。
また尿がでにくくなることもあります。

2.お薬の服用について

・お薬は先生の指示通りに服用しましょう。
・症状がなくなっても、自己判断で服用を止めないで下さい。
・他の医療機関で処方されているお薬や市販薬を服薬している場合は、先生に伝えてください。

3.骨盤底筋体操について
女性の尿もれは、骨盤底筋の緩みが原因の一つとなっている場合が多いため、
骨盤底筋体操が効果的です。 
骨盤底筋は膀胱や子宮、直腸など骨盤内の臓器を下から支え、尿道や膣、肛門を開閉する筋肉です。
女性では出産や加齢により骨盤底筋が緩みやすいため、
尿道を締める力が弱まり、尿もれの原因となることがあります。 

骨盤底筋は収縮や弛緩を自分でコントロールできる筋肉ですから、
緩んだ骨盤底筋を訓練によって鍛えることができます。 

骨盤底筋体操は緩んだ骨盤底筋の収縮力を回復し、尿もれを防ぐトレーニングです。 
特に「腹圧性尿失禁」や「切迫性尿失禁」の方にお勧めします。 

腹圧性尿失禁
腹圧性尿失禁は女性に多く、加齢や出産により骨盤底筋(尿道括約筋を含む)が緩むことでくしゃみや咳などで尿が漏れてしまう病気です。

治療法
軽度や中等度の場合 重症の場合
手術療法(TVTまたはTOT手術)

現在腹圧性尿失禁に対しては手術療法が第一に選択され、世界的にもっとも実施されているのがTVTスリング手術です。TVTは前膣壁の尿道の中間部分に相当する前膣壁を小切開してここから恥骨の裏側を経由して下腹部にポリプロピレンのテープを通し尿道をしっかりと支持することで尿漏れを防ぐという手術法です。
TVT手術の欠点は術中に膀胱へ傷がついていないかを膀胱鏡で確認する作業が必要であること、テープ引き上げの調節が微妙なため、最近はTOT手術が試みられています。
TOT手術は骨盤臓器脱のメッシュ手術と同様に、閉鎖孔に尿道をささえるテープを通しますので内視鏡操作が不要で術後の排尿困難のリスクもすくない利点があります。
ただどちらも麻酔をして膣壁に切開を加えるため通常入院が必要となります。
腹圧性尿失禁の重症度の評価
パッドテスト
物理的に尿もれしやすい行動をして、もれたの量や状態を診断の参考にするテストです。
1時間パッドテスト
① 尿もれ用のパッドの重さを量ってから、下着に付けます。
② 500ccの水を飲みます。
③ 飲水15分後から階段の上り下り1階分を含め30分歩きます。
④ つづいて15分以内に次の動作を繰り返します。
椅子に座る・立ち上がる動作(10回)
強く咳き込む(10回)
走り回る(1分間)
腰をかがめ床の物を拾う動作(5回)
手を流水で洗います(1分間)
⑤ その後、排尿量とパッドの重量を測定し、もれの量によって失禁の程度を判定します。
 評価
2g~5g:軽度の尿もれ
5g~10g:中程度の尿もれ
10g~50g:高度の尿もれ
50g以上:きわめて高度な尿もれ

24時間パッドテスト
日常生活でどれくらいの尿もれがあるのか、毎回パッドを変えるたびに重さを測定、使用前後のパッドの重さを記録し、この合計で失禁の程度を判定します。 
この検査は患者さんの負担が少ないですが、動作や運動量によって差が出るため、数日行う必要があります。

Qチップテスト
砕石位で尿道からQチップ(綿棒)を挿入し、怒責時にどれほど綿棒の先が弧を描くかを視覚的に判定する検査で、尿道過可動があるかどうかを検討するものである。30度以上の変化があれば、膀胱の過可動陽性とする(下図)。
 
 
頻尿、尿漏れにウロマスター
女性の尿もれは、骨盤底筋の緩みが原因の一つとなっている場合が多いため、
骨盤底筋体操が効果的です。
骨盤底筋は膀胱や子宮、直腸など骨盤内の臓器を下から支え、尿道や膣、肛門を開閉する筋肉です。
女性では出産や加齢により骨盤底筋が緩みやすいため、尿道を締める力が弱まり、尿もれの原因となることがあります。
骨盤底筋は収縮や弛緩を自分でコントロールできる筋肉ですから、緩んだ骨盤底筋を訓練によって鍛えることができます。
骨盤底筋体操は緩んだ骨盤底筋の収縮力を回復し、尿もれを防ぐトレーニングです。
特に「腹圧性尿失禁」や「切迫性尿失禁」の方にお勧めします。

当院でも治療の一環として骨盤底筋体操をお勧めしていますが、実際には継続して行うことが困難なため効果を発揮できていないのが現状です。
そういう方には干渉低周波による頻尿・尿失禁治療器「ウロマスター」がお勧め!

ウロマスターは干渉低周波電流を用い、
電極を下腹部及び下瞥部両側に貼り付けることにより
膀胱排尿筋・骨盤底筋を刺激し、
頻尿・尿失禁の治療を行う機能的電気刺激装置です。

次のような方にオススメ

尿が近い
くしゃみで尿が漏れる
急に尿がしたくなり我慢できない

1回20分程度の治療を週2回程度行い 電気による痛みなどはありません。

保険診療の適応です。

お悩みの方は診察時にぜひご相談下さい。
膣・尿失禁治療レーザー
女性の尿もれ・お湯もれに画期的治療

インティマレーザーは 手術でもない、飲み薬でもない新しい治療です。

このようなお悩みにあてはまりませんか?

出産後の体の変化を感じる
入浴中にお湯がたまり,漏れる(お湯漏れ)
膣トレをしても効果の実感がない
くしゃみや咳で尿が漏れる(尿漏れ)
性交中の膣の密着感が低下してきた 
膣萎縮(萎縮性膣炎)に伴うかゆみ、痛み
内臓が下がる感じがする


腹圧性尿失禁レーザー治療 Uタイトニングプラス

出産・加齢による膣のゆるみに Vタイトニング


加齢による膣萎縮症に レノバレーズ


骨盤臓器脱にポップタイトニング


外陰部の黒ずみにVホワイトニング


すぐにでも治療が希望の方は下記から問診票を記載すれば、
電話で治療日の予約をお取りできます。
(Vホワイトニングは除く)


尿もれ・膣のゆるみ問診票





当院ではインティマレーザーによる腟内照射にはGランナーを使用しロボット手術を行っています。
これにより手術時間の短縮と、治療精度の均一化が図れ、患者さんの負担の少ない治療が可能となっています。
膣の緩みの検査「膣圧測定」
膣のゆるみ度チェック

入浴中にお湯がたまり漏れる
おなかに力が入ると尿漏れがある
出産の経験がある
性交時に空気が入り、音がする 急に立ち上がると尿漏れがある
せきやくしゃみをすると尿漏れが起こる
重いものを持ち上げると漏れそうになる
膣トレをしても効果の実感がない

上記項目で一つでもチェックがあるのであれば、膣がゆるんでいる可能性があります。 このため膣のゆるみを客観的に検査するために膣圧測定をお勧めしています。
またVタイトニングやヴィーナス・ハイフなどの膣の緩み治療の効果判定にも適しています。

 

当院では上記のような膣の状態を細かく分析・測定、保存できる最新機器で膣圧を測定しています。 また、膣圧測定だけであれば看護師がおこないますので、気軽に検査をお受け下さい。

膣圧測定 1回 5,000円 (税別)

※ 膣圧測定後、Vタイトニングやヴィーナス・ハイフなどを行った場合は 膣圧測定料金を治療費からお引きします。
Vタイトニングやヴィーナス・ハイフを行う方は無料で行います。
佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
052-847-5110